妊娠線クリーム 敏感肌

敏感肌でも使える妊娠線クリームが欲しい

ママミー
敏感肌でも使える妊娠線クリームってあるのかな?って思っていませんか。

 

妊娠中・出産後はホルモンバランスの変化により肌のバリア機能が低下して、肌が乾燥し敏感になりやすくなります。

 

敏感になった肌に塗るクリームは、肌トラブルの原因になるような成分が配合されていないものを選ぶことが大事です。

 

妊娠線クリームも、敏感肌の人でも使えるような低刺激のものを選ぶことが大切なのです。

 

妊娠線ってなに?

妊娠線とは何なのか?ということから説明しますね。

ママミー

シロノクリニック(図)より引用

妊娠線は真皮が裂けることによってできる線のことです。
(「肉割れ」や「ストレッチマーク」と同じもの)

 

肌の表皮はやわらかいので伸びますが、真皮は表皮に比べるとあまり弾力性がないので、すぐに裂けてしまいます。

 

妊娠線ができる場所はお腹や胸以外にも、お尻や脚など広範囲にできます。

 

妊娠線の形状や太さ、大きさも、できる場所も人それぞれ異なります。

 

できてしまった妊娠線は完全に消えることは無く、次第に薄くなって目立ちにくくなります。

 

妊娠線ができやすい人ってどんな人?

妊婦さんの7〜8割以上の人に妊娠線ができるといわれています。

 

できやすい人の特徴として、肌が乾燥している、体重が急激に増えた、皮下脂肪が多い、小柄、双子や三つ子などのを妊娠している、経産婦、高齢出産などがあげられます。

 

理由として、皮膚の伸びるスピードが速かったり、肌が乾燥しているために皮膚の柔軟性が低いことなどが原因となります。

 

妊娠線のケアはいつから?

妊娠線ケアはお腹が大きくなる前から、予防を始めることがとても大事です。

 

妊娠線の予防には、肌の保湿と弾力を高めることが効果的。

 

妊娠線クリームは、肌の弾力を高める美容成分が配合が配合されていています。

 

また、保湿効果や浸透力にも優れているという特徴があります。

保湿クリームは、肌の保湿はできますが、弾力を高める美容成分が配合されていないものが多くあります。

ママミーは敏感肌でも使える妊娠線クリーム

ママミー
【ママミー】は、敏感肌にも使える妊娠線クリームです。

 

美容成分を深く浸透(角質層まで)させるために独自浸透技術のストレッチリペア処方を採用しています。

 

そして、【ママミー】は250rと大容量とたっぷりサイズです。

 

妊娠中は全身ケアが必要になってくるので、量を気にせずに使うことができますよ。

 

敏感肌に使えて、大容量↓
ママミー公式サイトはここをクリック


 

出産後も妊娠線クリームは必要

ママミー

 

出産後は、妊娠クリームは必要ないのでは?と思ってしまうかもしれません。

 

出産後も肌が乾燥しやすい状態が続いているので、妊娠線クリームで保湿ケアすることをおすすめします。

 

妊娠線クリームには、肌の弾力を高める美容成分が入っていますから、お肌を引き締めるためにも使ったほうが効果的です。

 

産後も使える妊娠線クリーム↓
ママミーはここをクリック


 

ママミーはどこで売ってる?

ママミー
ママミー公式サイトで購入するのがおすすめです。

 

ママミー公式サイトには、単品購入と定期コースの2つが選べます。

 

単品購入の場合、通常価格の7,200円(税込)で購入でき、送料は324円(税込)になります。

 

定期コースの場合、初回は通常価格の60%オフの2,980円(税込)・送料無料で購入できます。

 

 

ママミー
2回目の発送以降は2個づつ(9,960円)・送料無料で購入することができますよ。

 

定期便が安いのはわかるけど、定期便の縛りはどうなの?肌に合わない場合はどうなるの?と心配になりますね。

 

 

ママミー

 

ママミーは定期縛りがないので、発送の10日前までに電話をすればいつでも解約ができます。

 

初めて購入の場合で、ママミーが肌に合わない場合は、15日間返金保証があります。

 

妊娠中のお肌はデリケートなので、合わないものは続けられませんから、返金保証があるのは安心です。

 

返金保証や定期縛りなしなどの対応があるママミーは安心して購入できますね。

ママミーの解約の電話番号はTEL:03-6418-1193(平日10:00〜18:30)です。

返金保証・定期縛りなし・初回60%オフ↓
ママミー公式サイトはここをクリック


ママミーに配合されている成分

妊娠線ができてしまう真皮にはコラーゲン線維というものがあり、コラーゲン線維の断裂が妊娠線となります。

 

妊娠線のケアにはコラーゲンの生成促進の作用のあるものを選ぶのが重要です。

 

ママミーには、コラーゲンの生成促進をし、肌の弾力性やハリを強くすることが期待できる「シラノール誘導体」という成分が配合されています。

 

この「シラノール誘導体」は海外では妊娠線のケアに実績のある成分です

 

シラノール誘導体

海外では妊娠線ケアに実績のある成分
コラーゲンの生成促進をし、肌の弾力性やハリを強くすることが期待できるとされている

リンゴ幹細胞 弱ってしまった細胞を元気にし、機能を活性化する
アルガン幹細胞 弾力性のある肌へ導く
エラスチン 肌のハリや弾力を作り出します
セラミド(1、2、3、6U) 肌の水分の蒸発を防ぐバリア機能をになっている
ビタミンC誘導体 引き締め
アルガンオイル お肌に弾力、潤い、ハリを与える
ヘスペリジン ポリフェノールの一種で弾力のある肌に導く
コラーゲン 肌のハリや弾力を保持する
シアバター 保湿力があり、セルライトや妊娠線にもいいといわれている
ホホバオイル

皮膚の保湿、柔らかく保ち、代謝の促進をする
セルライトや妊娠線の予防にいいといわれている

ヒアルロン酸 水分を多く保持する能力があるので、肌の保湿に効果を発揮します

 

クリームの伸びがよく浸透が早い↓
ママミー公式サイトはここをクリック


出産後もキレイでいたい!

ママミー
妊娠線クリームをお腹に塗っていると、毎日のちょっとした変化にも気が付いて、とっても幸せな気分になります。

 

今まで手が届いていたところが、「あれ?手が届きにくい!」なんて日が来ると思うと、待ち遠しくて仕方ありませんよ。

 

妊娠線クリームで、出産後もキレイなままで過ごしたいですね。

 

 

 

更新履歴
page top